Blog

Ready to build innovative IoT solutions that rethink the FUTURE? WE CAN. Our goal is 1000 times BTC
Founded at Harvard University,Atrl is an IoT-based,contactless identification system that empowers retailers to identify and better serve their customers .Blockchain wallet,Atrl is FUTURE!!!
Joinhttps://t.me/atrltoken
Bitcoins,ビットコイン,暗号通貨,litecoin,bitcoin,BTC,比特币,區塊鏈,比特幣,莱特币,以太币,huobi,binance,coinbase,Bithumb,Bitfinex,ethereum,btc,arcblock,atrlcoin,bitcoin blockchain wallet,blockchain fees ,blockchain ledger,blockchain,finance,blockchain apps,how to buy bitcoins blockchain,cryptocurrency blockchain,blockchain implementation,define blockchain,ether blockchain,blockchain,nucleus,blockchain,wallet,what is blockchain,internet money,ブロックチェーン,블록 체인,비트 코인,atrltoken,blockchain info,blockchain technology,bitcoin usd blockchain,bitcoin or blockchain,startups on blockchain,Crowdfunding,IoT patented technology,ION,Nucleus’s proprietary IoT sensor,ORBIT,Blockchain information exchange,NEURON,Deep Learning Campaign platform,nCash,Utility Token,Blockchain Technology,Neural Networks,Initial Coin Offering,Loyalty points,blockchain explained,blockchain stock,blockchain wallet,blockchain,technology,blockchain bitcoin,blockchain bitcoin wallet,blockchain basics,blockchain book,blockchain bitcoin cash,blockchain buy bitcoin,blockchain banking,blockchain bootcamp,blockchain berkeley,blockchain bubble,blockchain capital,blockchain,developer jobs,blockchain d h,blockchain вход,blockchain etf,blockchain expo,blockchain education,blockchain ethereum,blockchain graphic,blockchain global limited,blockchain gambling,blockchain global merger,blockchain healthcare,blockchain hash,blockchain wallet,what is blockchain,blockchain info,blockchain technology,what is blockchain technology,blockchain explained,blockchain for dummies,ethereum blockchain,how does blockchain work,blockchain bitcoin wallet,bitcoin wallet blockchain,blockchain technologies,blockchain login,blockchain wiki,bitcoin blockchain,blockchain bitcoin,blockchain supply chain,bitcoin price,비트코인 탄생의 비밀,btc change ,Немного монет,блок цепи,Bloc de chaîne,BLOK),De bits de pièces de monnaie,litecoin ltc,omisego omg,aragon ant,augur rep,bat,civic cvc,dash,decred drc,district0x dnt,eos,etherclassic etc,funfair,gnosis gno,golem gnt,salt,DIGITAL CURRENCY,BCC,以太坊,莱特币,以太经典,量子链,Poloniex,Bittrex,Poloniex(BTC),Bittrex(BTC),OKCoin国际,OKEX,Bitstamp,Coinbase,Bitfinex,Liqui,Bithumb,Coincheck,BitFlyer,BtcBox,火币网(BTC),币安,币安(BTC),Gate.io,Gate.igOne(BTC),ZBZB(BTC),exxexx(BTC)
Artl

Soil展

展示構成を担当した展覧会The Soil of Design Soil 。
ミラノサローネ・サローネサテリテのブースとは違い、作品一点一点と向き合えるように、
あえてコレクション(制作年)単位の構成は避けて、各作品の制作背景を伝えることを重視しました。

普段は見ることができないスケッチやアイディア・ソースを紹介し、
キャプションには「着想の起点」ないし「制作の裏側」を記載。
展示室内の解説文とあわせて、配布資料の「スケッチ注釈」を見ながら、作品を見ると、
彼らがどのような視点や方法でデザインを行っているかがわかるように展示を構成しました。

キュレーション:久慈達也(Design Museum Lab)
グラフィック:明後日デザイン制作所

___
展覧会名:The Soil of Design Soil
会期:2013年6月25日(火)〜7月2日(火)
休館日:6月30日(日)
時間:10:00〜18:00
会場:神戸芸術工科大学ギャラリー・セレンディップ
入場無料
本展に関するお問い合わせ先:info@designsoil.jp

http://www.designsoil.jp/

Design Soilは、神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科の有志によるデザインプロジェクトです。大学という、社会から一歩引いた環境の中で実験的なデザインを追求することを目的に、2010年に結成されました。Design Soilの特徴は、制作の基準となるテーマが毎年設定され、複数のデザイナーから成る“コレクション”として作品が発表される点にあります。与えられたテーマを発想と造形の両面から柔軟に読み解くことで生まれた作品は、国際家具見本市への出展を通じて海外の企業やメディアからも高い評価を受けています。本展は、Design Soilの過去3年間の作品が一堂に会する初めての機会です。各作品の制作背景に焦点を当て、彼らがどのような視点や方法でデザインを行っているのかに迫ります。

会場風景:

 

 

 

 

 

 

 

 

表紙

ヨーロッパでの約半年の調査旅行を終えた後、2013年2月15日に開催した報告会の内容を小冊子にまとめました。
 
『via Design Museum デザインの展示とヨーロッパ』
 
家具・プロダクト領域が中心ですが、ヨーロッパのデザイン・ミュージアムにおける展示の現状を、各ミュージアムの常設展示の事例から整理しました。国内では他に類を見ない内容に仕上がっていると思いますので、どうぞよろしくお願いします。
購入ご希望の方は、メールにて下記までお問い合わせ下さい。

追記:
大阪の建築専門書店、柳々堂さんで拙著『via Design Museum デザインの展示とヨーロッパ』を取り扱っていただくことになりました。大阪に来られた際は、ぜひ柳々堂さんでお買い求め下さい。
 
メールタイトルを「via Design Museum購入希望」とし、
1.ご住所、2.ご氏名、3.電話番号
を明記のうえご連絡下さい。
 
E-mail:dmuselab@gamil.com
発行:Design Museum Lab
B5版、フルカラー24ページ、500円
 
※商品の発送について
送料はお客様の負担となります。
お振込確認後、商品発送の手続きをいたします。
 
※お支払いについて
銀行振込となります。
受付確認メールに記載されている口座に代金をお振込下さい。
 
※振込手数料はお客様のご負担となります。
※ご注文後1週間以内にご入金が確認できない場合は、キャンセルとさせていただきます。
  
____
世界のミュージアムにおいてデザイン・プロダクトはどのように展示されているのか。それを知りたくて、2012年8月から2013年1月までの期間、ヨーロッパのデザイン・ミュージアムにおける展示の現状を調査した。…帰国後、リサーチの成果を報告会という形で発表した。報告会では、家具コレクションを持つミュージアムの常設展示を中心に、一般的なデザイン・プロダクトの展示の現状に触れた後、優れた展示構成や斬新な取り組みを行っている施設を紹介していった。本書の内容も、基本的には発表時の構成に従っているが、報告会での質問を踏まえて加筆・修正している。(序文より)

Sample

 

アイアンマン造形コスプレイヤーが極意を伝授 アイアンマンの造形コスプレイヤーとして知られる中隊長氏が6月18日、特別講座を開くと聞きつけ、東京・渋谷の特設スペース「MARVEL supporters CONNECT(マーベル・ファンズ・コネクト)」に突撃してきました! マーベル・ファンズ・コネクトは、世界最大級のマーベルのファンサイト「Marvel Database(マーベル・データベース)」の日本上陸を記念し、実際にマーベルファンが集い、熱い思いを共有する場所として期間限定オープン。未経験者大歓迎のコスプレ交流会に50人近くが集合しました。開始30分前の段階で、すでに熱気でムンムン。あちこちでプチ撮影会が始まり、私服の参加者もコスプレイヤーたちにポーズのリクエストを出すなどワイワイ楽しんでいました。 デッドプールやスパイダーマン、キャプテン・アメリカたちがいるなかで格別の存在感を放っていたのが、アイアンマンスーツ(マーク43)をまとった中隊長氏。デザインが再現されているのはもちろん、リアクターは光り、ヘルメットも自動で開閉する。誰もが「スゴい!」「本物みたい」と驚きを隠せません。ピカピカのパーツがたくさん使用されているので重いのかと思いきや、「暑さのほうがキツい」んだそう。 大阪からやってきた中隊長氏は、アイアンマンスーツに関して一番質問されるという「ラリッサ貼り」のコツを伝授。ウレタンボードにラリッサと呼ばれるエナメル生地を張り付ける作業を実演しました。普段使っている材料や道具について説明しながら、手際よくボンドをムラなく塗る方法を披露。身を乗り出すようにして聞き入っていた参加者たちからの質問にも、ていねいに答えていきます。 試行錯誤を繰り返して編み出したノウハウを惜しみなく語る中隊長氏ですが、コスプレデビューしたのは2014年。もともとはサバイバルゲーム好きだったそうだが、4年ほど前にネットで海外の自作アイアンマンスーツを見つけ「たいしたことない。おれでもできるんじゃないか」と思ったのがコスプレを始めるきっかけだったとか。最初はヘルメットだけのつもりが、「EDGEアベンジャーズ」というコスプレユニットを立ち上げるまでに。以来、国内だけでなく海外のイベントに招待されるなど大活躍しているんです。 いよいよ張り付け段階になり、シャープなエッジになるようエナメル生地に切れ込みをいれるひと手間を加えていることが判明。こういった「地道な作業の積み重ね」が完成度の高さに直結していることを、参加者たちは認識した様子でした。中隊長氏は最後に、「とにかくやってみて失敗したらいい。なぜ失敗したのか探るのが大事」「がんばってチャレンジしてみて」と激励のメッセージをおくっていました。 さらに、Wikiaスーパーファンでコスプレイヤーの梨氏によるメークアップ講座も開講。カラーコンタクトをつけ、まぶたの二重の幅を変えるだけで印象がガラリ。15分足らずで、キリッとした印象のペギー・カーターからキュートなグウェンプールに顔半分が早変わりです。少女らしさを出すアイメイクやチークの位置、外国人のような彫りの深さを表現するノーズシャドーの入れ方は、普段も使えるテクニックとあって女性陣は興味津々。一方、衝撃を受けた男性陣からは、「化粧ってこわい」なんて声も飛び出しました。 参加者の中には、「ブラック・ウィドウに憧れコスプレを始めました」という女性も。また、中隊長氏が制作したロキのヘルメットや、コントローラーで頭部が動くロケットラクーンなども展示され、ファンたちは精巧なつくりに感激した様子でした。ガラス張りのオープンスペースの前を通りかかった人たちは思わず足を止め、中には旅行者と思しき外国人が興味深そうに眺めている姿も見受けられました。 マーベル・ファンズ・コネクトは、東京・渋谷ヒカリエ8階「aiiima2」で6月30日まで開催される。オープン時間は午前11時午後8時。 A search engine FeedBurnerのサービスを利用しています。 配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

DML_icon_e

DESIGN MUSEUM LABは、全世界からデザインに関する展覧会や図録、デザイン・ミュージアムの動向に関する情報を集め、蓄積していくことを目的に運営されています。運営者である久慈達也が、デザインに関する展覧会を企画する際に参照先となるアーカイブの必要性を感じたことと、日本にデザイン・ミュージアム設立の機運を高めたいという思いが開設の契機となっています。 (続きを読む…)

去る4月19日、ローソンHMVエンタテイメントは、千葉市の稲毛海浜公園にて、ランニングイベント『Color use Rad』を実施し、10 コスプレ ウィッグ,000人以上のランナーたちが参加した同企画は、2012年春に米国で初開催され、それをきっかけに世界各国で150回以上、行われているスポーツイベントランニングのスピードを競うのではなく、白系の服装やコスプレをした状態で、カラーパウダーを浴びながら5kmのコースを走り抜ける“非日常感”を楽しめるところが、大きな魅力となっているランナーたちは、参加賞として配布されたTシャツやサングラスのほか、各自が用意したコスチュームなどにゼッケンを装着。コース内に設置された4か所の“カラーステーション”で、ピンク、グリーン、ブルー、イエローの順番で1色ずつカラーパウダーを浴びながらゴールを目指すイベント会場の特設ステージでは、野外フェスさながらの大音量で、クラブミュージックなどが流されており、常時DJプレイを楽しめた。また、国内外で活動しているダンサーのジョンテ・モーニングやモデルの道端アンジェリカが、スペシャルゲストとしてステージに現れると、会場の熱気が急上昇したジョンテ・モーニングは、これからランニングをスタートするランナーたちのウォーミングアップとして、K POP歌手・PSYの楽曲「江南(ガンナム)スタイル」に合わせた、キレのあるダンサブルなパフォーマンスを披露一方、道端アンジェリカは、レイの髪飾りをつけ、白のTシャツとショートパンツスタイルで登場。道端は、参加者たちと一緒にColor me and my peers Radを楽しむことを宣言し、スタート前の景気づけとして、ステージ前に集まった参加者たちに、噴射ボンベでイエローのカラーパウダーを吹きかけていたイベントで使用されたカラーパウダーは、コーンスターチ(トウモロコシから抽出されたでんぷん)を原料にしたもので、皮膚や目など人体への影響はないという。また、カラーに染まった衣服は、手ではらったり、水洗いで洗浄できるが、素材によっては落ちにくいケースもあるとのことなお、イベント参加費は税込5 コスプレ衣装,400円(事前申し込みの「早割」は税込4,900円)となっており、今後の国内実施日は「Color all of us Rad」公式サイトで、近日中に発表される予定になっているとにかく明るい安村、2か月16キロ減で筋肉芸人へ?18kg減のエド・はるみ、心も体もグーググーじゃなかった?9.8kg減のココリコ遠藤、「リバウンドはしないと思います」56歳・石田えり、ダイエット成功で23年ぶりの水着姿【ビフォーアフター】たんぽぽ・川村エミコが14.7キロダイエット!メリハリボディへ4.9kg減の56歳・石田えり「アスリート指数がマックス状態」19.9キロの減量に成功した森永卓郎氏、「デブでいいことってあんまない!」10.4キロ減のHY仲宗根泉、ビフォーアフターの姿を公開9.8kg減のココリコ遠藤、ダイエット前の自身の姿に「こいつ、すごい嫌いですわ」9.8kg減のココリコ遠藤、「嫌いやな、こいつ…25年前の体重に戻したかった」とにかく明るい安村 初音ミク 衣装、2か月16キロ減で筋肉芸人へ?18kg減のエド・はるみ、心も体もグーググーじゃなかった?9.8kg減のココリコ遠藤、「リバウンドはしないと思います」56歳・石田えり、ダイエット成功で23年ぶりの水着姿【ビフォーアフター】たんぽぽ・川村エミコが14.7キロダイエット!メリハリボディへ4.9kg減の56歳・石田えり「アスリート指数がマックス状態」19.9キロの減量に成功した森永卓郎氏、「デブでいいことってあんまない!」10.4キロ減のHY仲宗根泉、ビフォーアフターの姿を公開9.8kg減のココリコ遠藤、ダイエット前の自身の姿に「こいつ、すごい嫌いですわ」9.8kg減のココリコ遠藤、「嫌いやな、こいつ…25年前の体重に戻したかった」